通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LCP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:エルスィーピー
外語:LCP: Link Control Protocol 英語
品詞:名詞
2000/12/13 作成
2014/10/06 更新

PPPを構成する通信プロトコルの一つで、レイヤー2(データリンク層)における、リンクの確立や設定を行なう。

プロトコルはPPPでカプセル化され送受信される。

PPPプロトコルフィールドは、0xc021である。

フィールド構造

LCPパケットはヘッダー部とデータ部に分けられる。ヘッダーには、次の情報が含まれる。

  • Code (8ビット)
  • Identifier (8ビット)
  • Length (16ビット)

LCPのバージョン等は含まれていない。機能(Code)を見て、未対応のものは黙って破棄するよう、規定されている。

Code

Codeは、LCPパケットの機能、目的を表わすフィールドである。番号はCCPと共通で、附番についてはIANAが担当する。発行された番号はIANAがppp-numbersとして公開している。

LCPには、三つの主だった機能(クラス)が存在し、各クラスごとに次のような機能がある。

  • リンク設定パケット (リンクの確立と設定)
    • 1 設定要求 (Configure-Request)
    • 2 設定確認 (Configure-Ack)
    • 3 設定否定 (Configure-Nak)
    • 4 設定拒否 (Configure-Reject)
  • リンク終了パケット
    • 5 終了要求 (Terminate-Request)
    • 6 終了確認応答 (Terminate-Ack)
  • リンク保守パケット (リンクのデバッグや管理)
    • 7 コード拒否 (Code-Reject)
    • 8 プロトコル拒否 (Protocol-Reject)
    • 9 エコー要求 (Echo-Request)
    • 10 エコー応答 (Echo-Reply)
    • 11 破棄要求 (Discard-Request)
    • 12 ID通知 (Identification)
    • 13 残余時間通知 (Time-Remaining)

このCodeフィールドの値により、データ部の内容が決定される。

LCP通信設定オプション

LCPパケットのうち、リンク設定パケットのデータ部はオプション機能となる。オプションを利用して、機能に対する変更の折衝を行なう。

オプションフィールド構造

  • Type (8ビット)
  • Length (8ビット)
  • Data(0以上の可変長)

Type

PPPを規定するRFC 1661で定義される範囲では、Typeフィールドには次のものがある。

  • 1 最大受信単位 (Maximum-Receive-Unit)
  • 3 認証プロトコル (Authentication-Protocol)
  • 4 品質プロトコル (Quality-Protocol)
  • 5 マジックナンバー (Magic-Number)
  • 7 プロトコルフィールド圧縮 (Protocol-Field-Compression)
  • 8 アドレスと制御フィールド圧縮 (Address-and-Control-Field-Compression)
関連する用語
PPP
NCP (SNA)
通信プロトコル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club