通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LPDプロトコル

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エルピーディープロトコル
外語:LPD: Line Printer Daemon Protocol 英語
品詞:名詞
2003/10/22 作成
2014/06/11 更新

プリンター制御プロトコルの一つ。RFC 1179で規定されている。

目次

LPDスプーリングシステムは、1970年代に主流だったラインプリンター用に開発されたテクストファイルPostScriptファイルの印刷を想定した、古典的な印刷システムである。

従って設計の古さは否めないが、現在でもFreeBSDLinuxなどのUNIX互換環境では標準印刷システムとしてLPDが想定されている。但し、昨今では時代も反映してか、CUPS/IPPを標準の印刷システムとして想定していることが多い。

LPDはTCP/IP上の印刷プロトコルで、プリンタースプーラーに515/tcp、ソースポートに721〜731/tcpを使う。

印刷要求は一旦領域に蓄えられ、順次印刷を行なう。ネットワーク経由でも、単体のマシンでも動作できる。

用語の所属
通信プロトコル
ウェルノウンポート
関連する用語
プリンター
CUPS/IPP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club