通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MBAN

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:エムバン
外語:MBAN: Medical Body Area Network 英語
品詞:名詞
2013/02/28 作成

医療向けのボディエリアネットワーク(BAN)で、超低消費電力(ULP)型の通信規格。メディカル・ボディ・エリア・ネットワーク。

目次

身体や衣服などに設置(ウェアラブル)、または身体内に装置を埋め込み(インプラント)して用いる。このため装置自体の小型化が必要となり、動力源にはコイン電池などが用いられる。

結果、この動力源で動作できる範囲内での、微弱電波を用いた低消費電力のネットワークとなる。

例えば、患者の身体内に埋め込んだセンサーからの生体情報を体外で受信する、というような用途が想定される。

どの周波数帯の電波を使うかは機器次第であるが、アメリカの場合は、アメリカの連邦通信委員会(FCC)が次の周波数帯をMBAN用に用意した。

  • 2,360〜2,390MHz(30MHz幅) 病院内など屋内専用
  • 2,390〜2,400MHz(10MHz幅) 屋外や家庭での使用が可能

周波数は隣接しており、また無線LAN用(Wi-Fi)の周波数帯とも隣接するため、安価な部品を微修正するだけで使用できる可能性があり、普及が期待されている。

用語の所属
近距離無線通信
BAN
ULP
関連する用語
超広帯域無線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club