通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Mini SATA

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ミニ・エスエイティーエイ
読み:ミニ・シリアルエイティーエイ
外語:mini SATA 英語
品詞:名詞
2012/01/30 作成
2015/10/22 更新

シリアルATAの、小型システム向けのケーブルとコネクター仕様。mSATAとも表記される。

目次

シリアルATA 2.6から導入された

フォームファクターは、本体サイズとして幅30mm×奥行き50mmとされており、この小型化のためにコネクターが変更された。

プロトコル自体はシリアルATAそのものなので、変換が可能。mSATA仕様のSSDをSerial ATA接続に変更する2.5インチサイズの変換アダプターが初の製品として市販された。

なお、ノートPCの一部では、薄型化や軽量化を目的としmSATAなどの汎用インターフェイスを介さずに直接マザーボード上にSSDを搭載するような例もある。

関連する用語
シリアルATA
M.2

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club