通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

N-SAT-110

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送用語編 (WBCASTY)
読み:エヌサット・ワンテン
読み:エンサット・ワンテン
外語:N-SAT-110 英語
品詞:固有名詞
2004/02/28 作成
2009/04/14 更新

110度CSデジタル放送のための通信衛星。

基本情報

  • 所有国: 日本国
  • 衛星名: NSAT 110
  • 国際標識番号: 2000-060A
  • 打ち上げ: 2000(平成12)年10月7日08:00(@000)
  • ロケット: アリアンⅣ(アリアン42Lロケット)
  • 発射台: クールー基地 (南米・フランス領ギアナ、ギアナ宇宙センター)
  • 打ち上げ時質量: ‐
  • 定格出力: ‐
  • 搭乗員: なし(無人)
  • 軌道位置: 東経110度

仕様

  • 衛星バス: A2100AX
  • 設計寿命: 15年
  • 周波数帯: Kuバンド
  • 中継器・増幅器出力
    • 帯域幅36MHz(増幅器出力120W)×24本
  • 形状及び寸法
    • 3軸姿勢制御型
    • 南北: 26.4m
    • 東西: 8.3m

呼称

かつては、宇宙通信JSATが共同で持っていた通信衛星である。

このため、宇宙通信は「スーパーバードD号機」、JSATは「JCSAT-110」という、別の衛星名が存在する。

現在のスカパーJSATは、JSATの呼称「JCSAT-110」で呼んでいるようである。

仕様

衛星バスはロッキードマーチン社のA2100AXで、三軸姿勢制御型衛星である。打ち上げ重量は約3,530kgである。

搭載トランスポンダー(中継器)は次のとおり。

偏波はアップリンク(上り)が直線偏波、ダウンリンク(下り)は円偏波である。

ビームは小笠原諸島を含む日本全土をカバーする。BS/CS共用アンテナでの利用を想定しているため、BS用アンテナと同じサイズで利用可能にするために120Wの高出力中継器が搭載されることになった。

トランスポンダー

トランスポンダー番号は1〜24まであり、奇数は左旋円偏波、偶数は右旋円偏波である。

奇数は通信用、偶数は放送用で、放送用は全てがスカパー!用である。

トランスポンダーの所有権については、通信用は不明。放送用は、2、8、10、16、18、24が宇宙通信(SCC)、4、6、12、14、20、22がJSATの所有となっていたようである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club