通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

NRZI

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:エンアーズィーアイ
外語:NRZI: Non Return to Zero Inversion 英語
品詞:名詞
2000/12/06 作成
2010/08/05 更新

信号の符号化方式の一つ。非ゼロ復帰反転。「NRZ-I」とも。

NRZの一種で、Inversion(反転)を特徴とするもの。

「反転」の解釈方法により、二種類の異なる符号化方法が存在する。

NRZLの反転とする方法

単にNRZと言うことが多いNRZL(Level)の論理を逆にしたもの。いわゆる負論理。

つまり、(電圧を使う場合は)「0」の時は「高」、「1」の時は「低」と信号を変化させて伝送する。

この意味でNRZIということはあまりないが、RS-232Cレベルなどは、負論理で伝送されている。

電圧の変化を情報とする方法

一般にNRZIというと、こちらの方式を言うことが多い。

電圧の「変化」と「維持」の二種類を、ディジタル情報の0と1に対応づけるもので、FDDI100BASE-FXなどで使われている。差動(平衡)伝送方式のUSBでも使われている。

次の二種類があり、どちらも有り得る。

  • NRZM(NRZ-M) Mark ‐ 情報が1の場合に電圧を反転、0の場合に維持するもの
  • NRZS(NRZ-S) Space ‐ 情報が0の場合に電圧を反転、1の場合に維持するもの

実装として多いのは、「0」の時は変化し、「1」の時は変化しない、NRZS(NRZ-S)である。

Inversion(語順転換)するメリットとしては、受信の際にデータの極性が反転してしまった場合でも、同じ情報が得られるという点である。

関連する用語
FDDI
100BASE-FX
NRZ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club