通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NSPIXP-2

辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:エヌエスピーアイエックスピートゥー
外語:NSPIXP-2: Network Service Provider Internet eXchange Point 2 英語
品詞:固有名詞
1999/04/18 作成
2015/07/08 更新

WIDEプロジェクトによる商用インターネット相互接続実験NSPIXPの接続ポイントの一つで、国内最大規模のIX。現在はdix-ieと改称された。

目次

1996(平成8)年10月に東京KDD(現KDDI)大手町ビルに設置された。

この時のNSPIXP-2の設備はFDDIスイッチが利用された。NSPIXP-1が最大1.5Mbpsまでだったのに対し、こちらは最大で45Mbpsまで対応した。

2001(平成13)年6月6日に、負荷分散や災害時のリスク分散など、性能面でブロードバンド時代の要求に応える目的で都内に5ヶ所の拠点を追加し、6ヶ所を光ファイバーで結んでNSPIXP-2の分散を実施した。

  • KDDI大手町ビル (大手町)
  • レベルスリー・コミュニケーションズ (虎ノ門)
  • MCIワールドコム・ジャパン (六本木)
  • 三菱電機情報ネットワーク (品川)
  • NTTコミュニケーションズ(NTT大手町ビル) (大手町)
  • 東京通信ネットワーク(現パワードコム) (豊洲)

KDDIビルを中心に各拠点を(当時)4〜8Gbpsの光ファイバーで結ぶスター型のネットワークを構築した。

分散IXの本格運用は2003(平成15)年3月から始まり、それに伴って名称もNSPIXP-2からdix-ieに変更された。

用語の所属
IX
NSPIXP
関連する用語
WIDEプロジェクト
dix-ie
NSPIXP-1
NSPIXP-3
NSPIXP-6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club