通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

PAWS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ピーエイダブリューエス
外語:PAWS: Protection Against Wrapped Sequence numbers 英語
品詞:固有名詞
2010/10/18 作成
2014/11/20 更新

TCPの重複シーケンス番号に対する保護。

目次

TCPのシーケンス番号および応答確認番号(ACK番号)は、それぞれ32ビット長である。

しかし、高速なネットワークが普及するにつれ、この長さでは不足するようになってきた。例えば、1Gbpsであれば、最短で30秒少々で番号が一巡してしまう。

このときにパケットに遅延等が発生した場合、同じシーケンス番号の前のパケットが存在する可能性があり、TCPは、プロトコルとして正常に稼働できない。この問題を解決する手法の一つがPAWSである。

PAWSは、RFC 7323(旧RFC 1323)(ハイパフォーマンスのためのTCP拡張)の中で定義されている。

このRFCでTCPオプションの拡張としてKind=8(TSOPT - Time Stamp Option)を定義しているが、PAWSはこのタイムスタンプを使う。

対応する送信側はTCPパケットには常に現在進行中のタイムスタンプを含んで送信するため、対応する受信側は、これを見て古いタイムスタンプを持つ古いパケットを破棄することができる。

用語の所属
TCP
TCPオプション
関連する用語
TSOPT

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club