通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PTE (PHS)

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ピーティーイー
外語:PTE: Protocol Transfer Equipment 英語
品詞:名詞
1999/10/27 作成
2014/06/25 更新

PIAFSで直接接続できない先にPHSからの接続を可能とするためPHS事業者が用意していたプロトコル変換装置あるいはその設備。現在は全てサービスが終了している。

目次

接続先がPIAFS 2.1に未対応でも、PTEを経由することで接続が可能となる。

具体的には、PTEを経由することで、PHSとPTE間はPIAFSで接続し、PTEと接続先はISDN 64K同期PPP方式に変更して接続する。

例えば、DDIポケット(後のWILLCOM)のα-DATA64用のPTEを使う場合のダイアル方法は、"1695##4 + * + 接続先電話番号" (例: 1695##4*03-1234-5678)だった。

PTE経由で接続する場合は、直接接続する場合のデータ通信料金に加えて、PTEの利用料金も別途必要だった。

なお、最後まで残ったWILLCOMのPTEサービスも、2010(平成22)年3月に終了した。

用語の所属
PHS
PIAFS
PTE
関連する用語
α-DATA64

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club