通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

RJ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アージェイ
外語:RJ: Registered Jack 英語
品詞:名詞
1999/08/30 作成
2009/07/09 更新

モジュラージャックの型式の一つ。ポジション数(極数)とコンタクト数(芯数)に応じて、枝番を付けて呼ばれる。

RJとは、Registered Jack、すなわち「登録済みジャック」の意である。これは、ベル研究所がUSOC(Universal Service Ordering Codes)として配列を決定したのが発端であるとされている。

RJという呼称自体は規格でも商標でもない、単なる俗称である。

標準化に於いては、ANSI/TIA/EIAなどが独自に行なっている。

種類

  • 4極
    • RJ-11 (4極2芯、4極4芯)
  • 6極
  • 8極
    • RJ-45 (8極8芯)
    • RJ-48 (8極8芯、キー付き)

6極

RJ-11 6極2芯プラグ
RJ-11 6極2芯プラグ

RJ-14 6極4芯プラグ
RJ-14 6極4芯プラグ

8極

RJ-45プラグ
RJ-45プラグ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club