通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Reach DSL

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:リーチディーエスエル
外語:Reach DSL 英語
品詞:名詞
2002/10/22 作成
2015/07/11 更新

米Paradyneが開発した長距離xDSL技術。

目次

使用する周波数帯を狭くすることでノイズ耐性を高め、伝送距離を伸ばすもの。

代わりに上限の速度は遅くなる。上限速度よりも距離を有線する技術する。

実績として、NTTから通常のAnnex CAnnex Aで通信した場合、およそ4km程度までが限界であった。Reach DSLであれば、理論上は9km以上の場所までサポートできるとされる。

通信速度は、送受信対称(SDSL)で、最大960Kbps、平均500〜800kbps程度が実現される。

日本では、Yahoo! BBが「Yahoo! BB リーチDSL」サービスとして提供している。Reach DSLでBB Phoneを利用することも可能である。

用語の所属
xDSL
関連する用語
SDSL
Yahoo! BB

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club