通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SABM

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エスエイビーエム
外語:SABM: Set Asynchronous Balanced Mode 英語
品詞:名詞
2008/01/31 作成
2011/01/06 更新

非同期平衡モード設定。HDLCにおける動作モード設定用フレームタイプの一つ。

ABMでのデータリンクを確立するために、一次局はUフレームの中のSABMフレームタイプを二次局に送る。

符号の形式はMSB→LSBの順に「001P1111」である。

SABM/SABME

SABMを明示するための動作モード設定コマンドには、同名のSABMと、SABMEがある。SABMコマンドではモジュラス8で、SABMEコマンドではモジュラス128でのリンク設定が開始される。

なお、一部の解説書に「SABMはABMにおける通信モードの一種」などという、露骨に誤った、不可解な説明をしているものがある。

動作

LAPB(X.25)では、DTEまたはDCEがSABMを送信することで、非同期平衡モードで動作するように指示し、またモジュラス8でのリンク設定が開始される。

LAPD(Q.921)はモジュラス128でのリンク設定が基本なのでSABMは使わず、代わりにSABMEを使う。

設定を受け入れた場合は、UA(無番号確認)で応答し、さもなくばDMで応答する。

用語の所属
HDLC
ABM
関連する用語
SABME
UA (HDLC)
DM (HDLC)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club