通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SAPI

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:エスエイピーアイ
外語:SAPI: Service Access Point Identifier 英語
品詞:名詞
2001/04/29 作成
2008/01/18 更新

サービスアクセスポイント識別子。サービス・アクセス点識別子。

LAPDのアドレスであるDLCIを構成する要素の一つで、サービスの識別に用いる。

LAPDが提供するデータリンクを利用する複数のサービスのアクセスポイント識別に用いる。

これにより、どの上位層への情報転送かが示される。

範囲

SAPIは6ビットであり、表わせる範囲は0〜63である。

SAPIの値としては、実際には三種類しか使われていない。これら以外のSAPIは予約となっている。

  • 0 ‐ 呼制御手順
  • 16 ‐ パケット通信手順 (X.25 level3)
  • 63 ‐ レイヤー2マネジメント手順

国内使用の予備として32〜47を、将来の国際標準の予備としてその他の値が予約されている。

C/R

SAPIと同じオクテットに含まれるC/Rビットは、そのメッセージがコマンドなのかレスポンスなのかを表わす。

ただしその意味するところは、メッセージの方向によって異なっている。

  • ユーザー側 → 網側
    • コマンド ‐ 0
    • レスポンス ‐ 1
  • 網側 → ユーザー側
    • コマンド ‐ 1
    • レスポンス ‐ 0
関連する用語
LAPD
DLCI
TEI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club