通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DLCI (ISDN)

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ディーエルスィーアイ
外語:DLCI: Data Link Connection Identifier 英語
品詞:名詞
2001/04/29 作成
2008/01/18 更新

データリンク接続識別子。

目次

ユーザ・網インタフェースにおいて、一本の物理回線上に複数の論理的な通信路(データリンク)が設定される場合、その個々のリンクを識別するために使用される識別子。

LAPDでは、一つのDチャネル上に複数のリンクを張ることが出来るため、コマンドやレスポンスなどの各リンクを識別するためにDLCIが利用される。

LAPDはHDLC手順のサブセット(下位互換)であるため、その仕様はHDLCに準拠する。

LAPDではHDLCの拡張アドレス形式(8ビットを超える長さを持つ)が用いられており、LAPDのアドレス長は常に2オクテットが用いられている。

 8  7  6  5  4  3 21
SAPIC/REA(0)
TEIEA(1)

この中に、個々の端末を示すTEI(端末終端点識別子)と、上位層に提供するサービスの種類を示すSAPI(サービスアクセスポイント識別子)の二つの部分が含まれており、この二つを組としてレイヤー2アドレスを形成している。

関連する用語
DLCI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club