通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

SATA Express

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:シリアル・エイティーエイ・エクスプレス
外語:SATA Express 英語
品詞:名詞
2015/11/13 作成

シリアルATAを高速化した技術。従来のシリアルATAの後継として登場した。

最大転送速度は、当初仕様で1.0Gbpsである。SATA3の最大6.0Gbps(実効速度600Mバイト/秒)を上回る。

HDD側は従来の空きピンを活用し、マザーボード側は2個の従来型SATA端子と1個の小型の専用端子を用いる。つまり、SATA Expressを使用しない場合は、二つのSATA3としても用いることが可能である。

関連する用語
シリアルATA
M.2

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club