通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SET

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:エスイーティー
外語:SET: Secure Electronic Translaton 英語
発音:sét 英語
品詞:名詞
2006/12/11 更新

かつてのSSL(現在のTLS)の暗号化プロトコルの問題点を改善するために、クレジットカード会社などにより策定された暗号化通信プロトコル。

目次

SSL/TLSと同様に、暗号化により、なりすまし改竄の防止、公開鍵を使った電子署名による認証などの機能を実現する。

SSL/TLSとの大きな違いは、暗号化されたデータを復号する場所である。

SSL/TLSは、復号を受信したWebサーバーが行なっていたため、そこからカード会社までの経路で情報の漏出の危険があった。

SETではWebサーバーではなくカード会社に届いてから、そのカード会社のサーバーで暗号が復号される。これによりカード番号はカード会社にのみ渡り、ショッピングモール等の中途のサーバーには渡らないため、SSL/TLS以上の安全性が確保できる。

SETは加盟店・認証機関・加盟店管理会社など、複数の中間ルートを経由するため、それぞれの場所での情報流出の危険性も指摘されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club