通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SLIP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:スリップ
外語:SLIP: Serial Line IP 英語
品詞:名詞
2000/12/12 作成
2011/06/03 更新

RS-232CRS-422などのシリアル回線でIPを動作させるためのレイヤー2(データリンク層)プロトコル。

目次

IPフレームを簡単にカプセル化するのが、このSLIPの役割である。

RFC 1055で規定される。

現在、この後継ともいえるPPPがもっぱら使われているため表立って利用されてはいないが、IPに限らず様々な技術の根幹として応用されている。例えば、Bluetoothにおいて、HCIとのアクセス方法のうち「Three-wire UART Transport Layer」ではSLIPが使用されるよう規定されている。

END(0xc0)から始まり、実際のIPパケットデータがあり、END(0xc0)に終わる。それ以外の機能は何も無い、極めてシンプルなプロトコルである。

但しデータ中にEND(0xc0)が含まれると不都合なので、次の2種類のオクテットは特別な送信を用いる。

  • END(0xC0): ESC(0xDB) ESC_END(0xDC)
  • ESC(0xDB): ESC(0xDB) ESC_ESC(0xDD)

RFC 1055の実装例においては、ESC XのうちXが未定義の場合、ESCを破棄してXを残すことを推奨している。

また、特殊な実装では、拡張されていることもある。Bluetoothの「Three-wire UART Transport Layer」では、Out Of Frame (OOF) Software Flow Controlが有効の場合、次が有功になるとされている。

  • 0x11: ESC(0xDB) 0xDE
  • 0x13: ESC(0xDB) 0xDF
関連する用語
RS-232C
RS-422
IP
PPP
PLIP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club