通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SQL (DB)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:エスキューエル
読み:シークェル
外語:SQL: Structured Query Language 英語
発音:sí:kw(ə)l 英語
品詞:名詞
1999/10/13 作成
2015/04/13 更新

構造化照会言語。リレーショナル・データベース(RDB)を操作し、検索や更新、集計などの制御を行なうための処理言語の標準規格。

IBMサンホセ研究所で1974(昭和49)年頃に開発され、それを元に世界初の本格的な商用リレーショナルデータベース管理システム(RDB)であるDB2が開発された。

それ以降、SQLはRDB上の言語として広く普及し、ANSI規格も定められ、事実上のデータベース標準言語の地位を獲得するに至った。

その後ISOにより規格化され、拡張が続けられている。

名称

Structured Query Languageはその前身であるSEQUEL(Structured English QUEly Language)をバージョンアップする際に、当然の流れでSEQUEL2と命名されたが、既に他社の登録商標であったために、現在の名前SQLに改名されたという経緯がある。

このように、もともとSEQUELと書きシークェルと発音されていたことから、SQLと書くようになった現在でも、米国ではシークェルと読まれるのが一般的である。

仕様

同じSQLでもISO規格のSQL以外にIBM独自の規格が存在しており、両者の仕様は異なっている。

ちなみにISO規格のSQLの日本語版はJIS X 3005〜3006である。

用語の所属
RDB
データベース

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club