通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SSL証明書

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:エスエスエル・しょうめいしょ
品詞:名詞
2008/08/17 作成
2010/02/18 更新

SSL/TLSPKIで使われる、Webサイトを証明するデータ。

目次

SSL/TLS(以下、SSL)のPKIで使われる認証用のデータファイルであり、この中に暗号通信用の「鍵」が含まれている。

形式(ファイル構造)はX.509として規格化されている。

SSL証明書は、鍵、より具体的には公開鍵暗号方式で用いるWebサイト側の公開鍵を、認証局が電子署名したものである。

この証明書は、サーバー用ソフトウェアによって発行される。

つまり、認証局用ソフトウェアさえ購入すれば誰でも認証局になれ、誰でも証明書を発行できる。

従ってSSL証明書の信頼性は、認証局の信頼性と等しい。それが信頼できるかどうかは、SSL利用者が画面に表示される認証局名を見て、自分で判断せねばならない。

関連する用語
TLS
オレオレ証明書
EV証明書

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club