通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

TWAIN

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:トゥエイン
外語:TWAIN: Tool Without An Interesting Name 英語
発音:twéin 英語
品詞:固有名詞
2006/11/15 更新

スキャナー等のイメージデータ入力機器のインターフェイスの規格の一つで、1992(平成4)年3月にAldus、Eastman-Kodak、Hewlette-Packerd、Caere、Logitechの5社により提案された。

従来、スキャナーを使う場合は専用のアプリケーションを使ったり、DTPソフトで非常に限られた特定の機種のみサポートしているような状況であった。

TWAINを使うと、ハードウェアに互換がなくてもソフトウェアレベルで互換性を保つことができるため、TWAIN規格に対応したアプリケーションであれば、各アプリケーションソフトからイメージデータを読み取ることが可能となる。

関連するリンク
http://www.twain.org/
関連する装置
スキャナー
関連する技術
アプリケーション
DTP
ハードウェア
ソフトウェア

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club