通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Universal Edge IMAS

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ユニバーサル・エッジ・アイマス
外語:Universal Edge IMAS: Universal Edge Intelligent Multiservice Access System 英語
品詞:商品名
2002/11/16 作成
2013/08/17 更新

かつて、Promatory Communications社が開発したDSLAM。その後Nortel Networkに会社が買収されたことで、Nortel Network社製品となった。

目次

このDSLAMは、シャーシ1台あたり、ADSLで最大360回線、SDSLで最大576回線まで収容できる。

また各種DSLに対応したラインカードを同一シャーシ内に搭載可能で、シャーシ1台でADSLSDSL以外にも様々なDSLに対応できる。

日本では、東京めたりっく通信などが採用し、シャーシを23インチラックに搭載していた。

2001(平成13)年5月10日にNortel NetworkがDSL事業より撤退することが発表され、それによってこのUniversal Edge IMASの販売も終了となった。

用語の所属
DSLAM
関連する用語
ADSL
SDSL
東京めたりっく通信

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club