通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WAN

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:ワン
外語:WAN: Wide Area Network 英語
発音:wǽn 英語
品詞:名詞
2004/06/11 作成
2022/05/16 更新

広域ネットワークシステム。LANに対する語で、広域なもの、例えば電話回線網などのようなものを指していう。

例えば、東京と大阪を結ぶネットワークや、日本とアメリカを結ぶネットワークなど。

しばしば、外部接続及びそのための回線のこと。

変遷

遠距離なため、物理層を自前で構築することはほぼ不可能であり、通信事業者のサービスを利用することになる。

かつてはアナログ専用線、ディジタル専用線、フレームリレーなどで構築されていた。それらはATMへと進化し、現在ではLAN技術の延長上にある1000BASE-X10GBASE-XなどがWANにも利用されるようになってきつつある。

一般にLANよりも高価で低帯域である。さらに、特殊な機器が必要なことも多い。但し、LAN技術のWANへの浸透により、WANの低価格化や広帯域化などが期待されている.

無線化

有線による広域電話網やインターネット網は現在であるが、いわゆるラストワンマイルは無線化されつつある。その顕著な例は「携帯電話機」の普及であり、これによって電話機を持ち運ぶことが可能になった。

やがて(現在ではガラケーと呼ばれる)多機能な電話機が普及し、スマートフォンの時代になると、電話網を用いた無線によるデータ通信も一般化した。これは無線WANと呼ばれる。

用語の所属
ネットワーク
関連する用語
電話回線
無線WAN
LAN
MAN
PAN

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club