通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ZLD

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:ズィーエルディー
外語:ZLD: Zero Level Domain 英語
品詞:名詞
2001/03/13 作成
2015/03/02 更新

ドメイン名のうち、あるレベル以下のものを利用者から隠蔽してしまう技術。

ICANNの認可を受けた、国際的な承認の元で運用されるgTLD(.com/.net/.orgなど)とは別に、勝手にでっちあげたTLDを、あたかも(ICANN認可の)本当のTLDのように見せかける手法である。

かつて、New.netなどが提供していたが、既に消滅している。

利用例

例えば、ここでは過去に実際に存在したNew.netを例とする。

ここで実際に登録できるドメイン名は、「<登録したドメイン名>.new.net」であった。

しかし、パソコンに専用のソフトウェアをインストールすることで「.new.net」部分を利用者から見えないようにし、サードレベルのドメイン名がいかにもTLDであるかのように振る舞わせていた。この時隠蔽されてしまう「.new.net」部分のドメインがZLDである。

この方法だと、例えば「.shop」というTLDを用いたいとして、提供する企業のドメインが.new.netだと、実際にはshop.new.netというドメイン名を購入し、登録することになる。ここで専用のソフトウェアをパソコンにインストールしておくと、末尾の.new.netが隠され、「.shop」があたかも本当のTLDであるかのように見える。もちろん、専用のソフトウェアをインストールしていない世界中の大多数からは、「shop.new.net」にしか見えない。

その後

New.netは既に消滅しており、New.netに登録されたドメイン名も既に残っていない。

現在は、新gTLDとして様々なドメイン名が登録可能になっていることから、このような詐欺まがいのことをせずとも、利用したいドメイン名が利用できる可能性が高い。

関連する用語
New.net
gTLD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club