通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

eFLIC

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:イー・エフエルアイスィー
外語:eFLIC: Enhanced forward link interference cancellation 英語
品詞:商品名
2014/06/22 作成

CDMA2000 1X Advancedで使われる干渉キャンセラーの一つ。拡張版フォワードリンク干渉キャンセラー。

目次

従来からCDMAで使われてきたフォワードリンク干渉キャンセラー(FLIC)の改良型。

CDMA2000 1X Advancedで、目標とする性能を実現するために追加された。

CDMA2000 1X Advancedにおいて音声容量を増加させるには、既存の128‐ウォルシュ符号構造に直交する追加のコード領域が必要となる。

フォワードリンクがウォルシュ符号によって制限される場合、CDMA2000 1X Advancedは準直交関数(QOF)を利用するが、しかしQOFを利用するとユーザー間での新たな干渉を生じる。

そこで1X Advancedのチップセットには、フォワードリンクのパフォーマンスを向上させるため、QOFからの新たな干渉や隣接する基地局からの干渉を除去するeFLICが組み込まれている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club