通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

たい焼きララバイ

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・ポップ曲名編 (LMTUNEP)
読み:たいやきららばい
品詞:固有名詞
2007/12/10 作成
2010/05/08 更新

初音ミクのボーカルをつけ、ネットで公開された楽曲の一つ。

鯛焼き屋での利用が許可されている。

基本情報(音楽)

  • 作者
    • 作曲: なるしす
    • 作詞: なるしす
    • ミク&編曲1: ふみ
    • 編曲2&ミキシング: さくら
  • 歌手: 初音ミク
  • 分類:
    • ポップ
    • 子守歌(ララバイ)
  • 歌いだし
    • たいやきが食べたくなった なぜか無性に

基本情報(動画)

  • 作者: ふみ
  • 音楽: たい焼きララバイ
  • 公開:
    • 2010(平成22)年3月14日07:28:49(13日@978) (full ver.)
    • 2007(平成19)年12月8日23:45:50(@656) (仮)
  • 時間:
    • 5分6秒 (full ver.)
    • 2分4秒 (仮)
  • 画像素材:
    • 初音ミク(作画 さなり(saNari)) (RipSync) (仮)
    • づんだ味たい焼きのイメージキャラクター (作画 夕凪翠) (full ver.)

君との、あの日の思い出のたい焼きは、100円だった。

由来

なるしすにより作詞作曲され、ふみ(ニコニコ動画登録名「fumi」)により動画化されニコニコ動画に公開されたオリジナル曲である。

元々は人間が歌うつもりで作られた曲だったが、時間や環境の都合でお蔵入りになったとされる。この曲に、ボーカロイドのボーカルが付けられ、日の目を見たのが初音ミクバージョンの「たい焼きララバイ」であった。

2007(平成19)年に公開されたものは「たい焼きララバイ(仮)」という仮バージョンだったが、約2年半の時を経て、2010(平成22)年にまさかのfull ver.が公開された。

沿革

  • 2007(平成19)年12月8日23:45:50(@656): (仮)公開
  • 2007(平成19)年12月9日22:05(@586)頃: (仮)再生1万回
  • 2007(平成19)年12月10日21:50(@576)頃: (仮)再生1万5000回
  • 2008(平成20)年1月26日01:19(25日@721)頃: (仮)再生2万回
  • 2010(平成22)年3月14日07:28:49(13日@978): full ver.公開
  • 2010(平成22)年3月14日13:44(@238): full ver.再生4500回

人気

爽やかで、懐かしさを呼び起こす曲調が人気を集めた。ボーカルの調教具合もかなり優れており、耳障りがよい。

なお、ニコニコ動画では、コメントは「><」や「うぐぅ」だらけである。

(仮)では「食べる」を「たべりゅ〜」と発音していて人気があったが、full ver.では発音が変更されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club