通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ハディース

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ハディース
外語:Al-Hadith アラビア語
品詞:名詞
2007/04/10 作成

イスラム教で用いられる、預言者ムハンマドの言行の伝承をまとめたもの。

ハディースはアラビア語で「伝承」「物語」などを意味する。

目次

イスラムの基本的聖典クルアーン(コーラン)は、信仰の書であるのみならず、政治、経済、社会、法律、道徳などを含む、信徒の生活指針の書でもある。

またイスラムは、他の宗教よりも信仰共同体(ウンマ)の色彩が色濃く、このため宗教指導者の働きが非常に大切である。クルアーンは神の啓示であることから、クルアーンに説かれることを生活のあらゆることに当て嵌め、もって問題解決や実践が出来る指導者が求められている。

このため、規範として、預言者ムハンマドの言行は信徒にとって掛け替えのないものであることから、その言行が広く集められた。その言行録(伝承)が「ハディース」なのである。

現在は、次の六つの正統的な伝承が編まれている。

  • ブハーリーの「アッ・サヒーフ」
  • ハッジャージュの「アッ・サヒーフ」
  • ダーウードの「アッ・スナン」
  • ティルミズィーの「アッ・ジャーミウ」
  • マージャの「アッ・スナン」
  • ナサーイーの「アッ・スナン」

このうち、ブハーリーの編書が最も有名である。

関連する用語
イスラム教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club