通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

フェイトン (惑星)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:フェイトン
品詞:固有名詞
2011/06/13 作成
2011/06/14 更新

オカルト天文学(デムパ天文学)にて存在したとされる、かつて太陽系にあったとする惑星の名。フェイトンとは、ギリシア神話の神の一人で、太陽神アポロンの息子である。

第11番惑星であり、かつては火星木星の間、現在の小惑星帯(メインベルト)にあったのだそうである。

この惑星フェイトンは、第12番惑星ヤハウェによって破壊されたのだそうで、そして現在の小惑星は惑星フェイトンの破片なのだとされている。

関連する用語
デムパ天文学
ヤハウェ (惑星)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club