通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

九条教

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋編 (LFOLKE)
読み:きゅうじょうきょう
品詞:名詞
2007/05/21 作成
2016/02/20 更新

日本国憲法第9条経典および題目とし、改憲をタブー(禁忌)とする、日本の新興カルト宗教護憲教の一派である。

由来

戦後、共産主義者や社会主義者を中心に、護憲派の勢力が伸びた。

日本を共産化するためには、日本の「弱体化」が必要不可欠だったからで、そのためには憲法第9条は好都合だったからである。

しかし近年になり自主憲法制定が現実味を帯び始めると、護憲派はカルト宗教色を帯び始めた。黒幕は変わらないが、活動内容はオブラートに包み隠蔽し、護憲が平和のためになるかのように装い始めた。その結果が、俗に九条教と呼ばれるものである。

活動方針等

理由は不問、とにかく「憲法九条だけ」を大事にし、もって日本の戦争反対の立場を取る。

九条を死守するためなら現実は顧みず、また誰を犠牲にしても構わない。

宗教的に表現するなら、日本国憲法に帰依し、日々憲法第9条を読経しながら、布教活動(折伏)を行なう、と言える。カルトとしての性質は充分に備えている。

善悪基準

九条教での善悪の判断基準は、次のようになる。

  • 自国の政府に対しては性悪説
  • 他国の政府に対しては「誠意を持って話し合えば解決できる」とする性善説

つまり、二重の基準(ダブル・スタンダード)である。

日本だけが悪い

九条教では、日本だけが悪いと考える。

  1. 戦争は悪いこと。対話、話し合いで解決するべき。
  2. 日本の自衛隊は、平和憲法に反する戦争の道具で、平和を脅かす存在である。
  3. 支那北鮮が軍拡するのは、日本と米国がアジアの平和を脅かしているから。生存のため、仕方がなく軍拡をしている。
  4. 違憲な自衛隊があるから、アジアの平和は乱れる。
  5. 自衛隊がなければ、今のような軍拡は必要がなくなる。
  6. 結果、アジアは平和になる。
  7. 従って、自衛隊は速やかに解散するべきである。

つまり、アジアの、そして世界の恒久平和を乱す元凶は、実は日本の自衛隊である。日本は速やかに武装解除をするのが、世界の平和の第一歩。これが、九条教の最終的な結論である。

ジュネーブ条約を根拠とするとされる「無防備地域宣言」(または無防備都市宣言)を自治体で制定させようと国内で活動家が動いているが、これも九条教の結論を実現させるための活動である。

助けて無防備マン!

「軍隊が無ければ襲われない」ことが証明できないと、この理論(九条教の教義)は実証不可能である。しかし、この理論を実証できる土地は地球上には無く、従って永遠に実証はできない。しかし九条教の思想では、「自明の理、証明不要」として扱われている。

その一方で歴史を省みれば、反証は無数に存在する。力が及ばず、他国や他文明に滅ぼされた国や文明は、枚挙に暇がない。

また、「戦争、国同士の喧嘩」という、今の日本には非現実的な話ではなく、より身近な例でも、無防備が本当に安全かどうかは検証できる。

例えば、街中を歩くときは無防備、丸腰が常識である。何の武器も持ってない状況であるのに、通り魔、ひったくり、強姦などの被害に遭うのは、何故なのか。

  • 答え: 何も武器を持っていなかったから
  • 良くある誤答: 対話が足りなかったから

留守の家に空き巣が入るのは、何故なのか。

  • 答え: 警備がいなかったから
  • 良くある誤答: 対話が足りなかったから

悪い人、つまり敵の良心に期待するのは、無理なことなのである。

対話

戦争が国内公共事業である米国も、実は対話をしている。しかし「対話、話し合いで解決するべき」というのは、夢想である。なぜなら多くの場合、戦争とは外交という対話が決裂した結果だからである。

「諸君 私は戦争が好きだ」などというのは、平野耕太著「ヘルシング」の少佐くらいしかいない。国は、理由もなく戦争などしない。国民が死ぬからである。

なお、この「対話」も、最終的には暴力と言う切り札があるからこそ、実現できるとも言える。労働組合が賃上げを要求できるのは、組織という力、組合員という数の暴力があるからであり、個人でベアベア叫んでも誰も聞く耳など持たない。

つまり、最後にものを言うのは、暴力以外には無い。これは、「秋葉原通り魔事件」の加藤智大も実践した。彼の結論は、百の議論より一の暴力だったわけである。

まずは身近から無防備に

無防備を信仰すること自体は、日本では合法であり、人に迷惑を掛けなければ、実践することも自由である。

しかし、無防備を論ずる者が、夜や、外出時に家に鍵を掛けているのかどうかが、彼らの本気さの指標となる。殆どの場合、鍵で「防備」し、のみならず民間のセキュリティで「厳重な防備」をしている。

発言と行動が矛盾することは、美しいことではない。

鍵は掛けず、また「無防備宣言」として無施錠、無警備を宣言する看板でも立てることが、本気の無防備住宅であろう。

結論

日本国憲法第9条は、実は「国際紛争を解決する手段」以外なら、軍事力を使っても良いことになっている。軍事力の一切を使ってはいけないわけではなく、つまり自衛隊は合憲である。もっとも、ではどういう場面で使えるのか?という点は、様々な議論がある。

さて、日本の周辺地域は不幸にも紛争地帯(朝鮮半島、中共vs台湾、ロシア他)であるが、世界第二位の経済力を持ち、温厚で礼儀正しい国民が無防備でいたらどうなるか、おのずと結論は出てくるところである。

9条という空証文で平和が守られるなら、ローマ帝国だって滅びてはいないのである。

九条教の信者で、経済アナリストとして知られる森永卓郎が、2004(平成16)年3月29日のテレビ番組「TVタックル」で、次のように語った。当該映像はYoutubeにもアップロードされていることが確認されている。

日本人は押し付けられたかも知れないけど

憲法9条って非常に美しい条文を、受け入れて今まで守ってきたわけですよ。

で、私はね、仮に、とんでもない奴が攻めてきたら、

もう、黙って、殺されちゃえばいいんだと思うんですよ!

(エーッ!/スタジオの観衆ら)

この後は大混乱となる。

それで戦争しなくって、平和を守るんだって言い続けて、

ああ、そんないい民族がいたんだなって思えばいいじゃないですか!

九条教も狂信が進むと、信者である無しを問わず、「皆で殉教しよう」、という境地に至るようだ。

これは、終末論を唱え、テロルや集団自殺をしようとするカルト教団と、何ら変わる所はない。

用語の所属
護憲教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club