通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

外患援助

辞書:文化用語の基礎知識 法律用語編 (LLAW)
読み:がいかんえんじょ
品詞:名詞
2006/08/04 作成
2009/03/31 更新

に対し外国からの武力行使があった際に、これに荷担し、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えることで成立する罪。

国家存亡に関わる重大な事態であることから罪は重く、どこの国でも厳しく罰せられる。

通常は、その国や州における最高刑が規定される。

日本では刑法第82条で犯罪の旨規定され、刑罰は死刑無期懲役、もしくは2年以上の懲役に処されることになっている。

但し、日本ではこの刑で処刑された者は過去一人もいない。

条文

日本の刑法では、以下の条文である。

(外患援助)

第八十二条 日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、死刑又は無期若しくは二年以上の懲役に処する。

関連する罪

未遂罪(刑法第87条)、予備及び陰謀(刑法第88条)でも罰せられる。

関連する用語
外患
外患誘致
刑法

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club