通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

奇稲田姫

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:クシナダヒメ
品詞:名
2005/10/20 作成

日本神話で出雲に住んでいた女神で、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の生け贄にされかけた。奇稲田姫は日本書紀による名で、古事記では櫛名田比売と書かれている。

大山祇神(オオヤマツミノカミ)の子の二柱が両親で、父神は足名稚(アシナヅチ)、母神は手名稚(テナヅチ)である。この二柱には八柱の娘(八乙女)がいたが、毎年一柱ずつ八岐大蛇に食べられ、奇稲田姫が最後の一柱だった。

ここに須佐之男命(スサノオノミコト)が現われ、八岐大蛇が倒された後、須佐之男命の妃となった。

用語の所属
日本神話
出雲国の物語
関連する神
大山祇神
足名稚
手名稚
須佐之男命
関連する用語
八岐大蛇

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club