通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

尊属

辞書:文化用語の基礎知識 生活と文化編 (LLIFE)
読み:そんぞく
品詞:名詞
2008/11/08 作成

親族のうち、自分より上の世代の者。対語は卑属

祖父母、曾祖父母や、それらのきょうだいなどは、上の世代なので、尊属となる。

親のきょうだいの子はいとこで、ここまでは尊属だが、いとこの子(いとこちがい)は本人と同世代となるため、尊属でも卑属でもない。

尊属殺

かつて、刑法第200条に「尊属殺人」というものがあり、これは一般の殺人罪より重罪とされていた。

これは、日本人の美徳として、や祖先を大切にするという意味で、それなりの存在価値はあった。ところが、肝心のその親がを性の対象とする事件が発生した。娘には子供が三人もいた。遂に娘は耐えきれずを殺害するに至った。

ここで司法は混乱に至る。本来、司法は立法に口出ししてはいけないのだが、この娘をどうしても有罪(つまり死刑)にはしたくなかった。結果「尊属殺の法定刑が死刑無期懲役に限定されるのは違憲」という結論に至り、以降、この条文は無効として、立法が1995(平成7)年に刑法から削除するまで一度も尊属殺として裁いたことはなかった。

用語の所属
親族
関連する用語
卑属

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club