通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

彼岸

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:ひがん
外語:Pāramitā 梵語 , पारमिता 梵語 , equinoctial week 英語
品詞:名詞
2005/04/05 作成
2007/08/23 更新

悟りの世界やの世界。涅槃の別称。

目次

悟り、完全といった意味の梵語(サンスクリット語)のパーラミター(Pāramitā、पारमिता、波羅蜜や波羅蜜多と音写される)を漢訳した到彼岸(とうひがん)を略した語。

煩悩や迷いに満ちたこの世のことを「此岸」(しがん)というのに対し、悟りの世界や仏の世界を「彼岸」という。

その日付は毎年変化するが、春の彼岸は毎年3月21日頃、秋の彼岸は毎年9月23日頃となる。

「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがある。夏の暑さも、冬の寒さも、彼岸を過ぎた頃から穏やかになる、という意味である。

用語の所属
仏教
雑節
関連する用語
波羅蜜多
春の彼岸
秋の彼岸
涅槃

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club