通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

神産巣日神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:カミムスビノカミ
品詞:名
2005/10/21 作成
2010/03/23 更新

日本神話において、天地開闢の際に登場した造化三神の一柱。

万物の生成を司る神。

なお、神産巣日神と書かれるのは古事記であり、日本書紀では神皇産霊尊と書かれる。

性別のない神である。但し一説によれば女神であるともされる。

造化三神

高御産巣日神と一対になる神で、三番目に生まれた。

まず現われた至高神の天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)と共に、三柱で造化三神と呼ばれるが、すぐに姿を消したとされる。

系図では高御産巣日神の下に子として書かれる事が多いようである。一対の神である以上は高御産巣日神とは同格であるはずだが、高御産巣日神の方は皇室に繋がる神ということで「字数」が多いらしい。

神の子孫

この神の指の隙間から少彦名神が生まれた。

また、宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)もこの神の子である。

神産巣日神(神皇産霊尊)を祀る神社はいくつかある。

福島県本宮市に社殿を構える安達太良神社では、高皇産霊神、神皇産霊神、飯豊和気神、飯津比賣神、陽日温泉神、禰宜大刀自神、の六柱を祀っている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club