通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

高御産巣日神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:タカミムスビノカミ
品詞:名
2005/10/21 作成
2022/03/11 更新

日本神話において、天地開闢の際に登場した造化三神の一柱で、二番目。異名「高木神(タカギノカミ)」。

天地の生成を司る

なお、高御産巣日神と書かれるのは古事記であり、日本書紀では高皇産霊尊と書かれる。

性別のない神である。

造化三神

造化三神として二番目に生まれた。

古事記によると、まず現われた至高神の天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)に次いで高天原に現われたとする。

次に現われる神産巣日神と合わせた三柱で造化三神と呼ばれるが、いずれもすぐに姿を消したとされる。

息子と娘がいる。古事記では男1柱・女1柱だが、日本書紀では更に女1柱として天活玉命が記されている。

  • 思金神(オモイカネノカミ)(古事記)、思兼神(日本書紀)
  • 萬幡豊秋津師比売命(ヨロズハタトヨアキツシヒメノミコト)(古事記)、栲幡千千姫命(日本書紀本文)
  • 天活玉命(アメノイクタマノミコト)(日本書紀本文)

特に娘は、天照大神の息子天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)と結婚して邇邇芸命(ニニギノミコト)を産み、後の神武天皇の祖先となる。

高御産巣日神(高皇産霊尊)を祀る神社はいくつかある。

福島県本宮市に社殿を構える安達太良神社では、高皇産霊神、神皇産霊神、飯豊和気神、飯津比賣神、陽日温泉神、禰宜大刀自神、の六柱を祀っている。

また東京都墨田区押上などに社殿を構える各地の高木神社では、高御産巣日神と幾柱かの神を祀り、土地の鎮守神としている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club