通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

邇邇芸命

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ニニギノミコト
品詞:名
2005/10/20 作成

日本神話において、天照大神の孫であり、天照大神の息子である天忍穂耳命の息子であり、神武天皇の曾祖父にあたる神。称辞は天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能。なお、日本書紀では瓊瓊杵尊と書かれており、称辞は天饒石国饒石天津彦火である。

邇邇芸命ら一行は三種の神器と稲穂と榊を持ち、葦原中国の日向の高千穂へと降り立った。これを天孫降臨という。

兄に火明命(ホアカリノミコト)がいる。

妃は大山祇神(オオヤマツミノカミ)の娘、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)で、火照命(ホデリノミコト=海幸彦)・火須勢理命(ホスセリノミコト)・火遠理命(ホオリノミコト=山幸彦)の三兄弟を産んだ。ここで重要なことは、邇邇芸命が天津神であるのに対して、妃木花咲耶姫は国津神であることである。即ちここで天津神と国津神が融合したことを表わしている。

さて、火遠理命(山幸彦)の子が鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)であり、この神の子が神武天皇である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club