通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

萬幡豊秋津師比売命

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ヨロズハタトヨアキツシヒメノミコト
品詞:名
2005/10/20 作成

日本神話の織物の女神。高御産巣日神(タカミムスビノカミ)の娘。

目次

萬幡豊秋津師比売命(万幡豊秋津師比売命)は古事記での名であり、日本書紀では栲幡千千姫命(タクハタチヂヒメノミコト)などと書かれている。

古事記と日本書紀および多くの一書では高御産巣日神(高木神)の娘として記しているが、日本書紀の第一の一書では思兼命(思金神)の妹、第六の一書では高皇産霊神の子の児火之戸幡姫の子(つまり孫)として記している。

名前にあるタク(栲)は繊維などを意味し、ハタ(幡)ハ「機(はた)」のことである。チヂ(千千)は縮むことを意味すると思われ、そのまま解釈すれば繊維が縮んだ織物を意味することになるが、いずれにせよ織物の女神であることは間違いがない。

天照大神の息子天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)と結婚し、邇邇芸命(ニニギノミコト)を産んだ。

用語の所属
日本神話
天津神
関連する神
高御産巣日神
天忍穂耳命
邇邇芸命

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club