通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

思金神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:オモイカネノカミ
読み:オモヒカネノカミ
品詞:名
2005/10/21 作成
2007/06/03 更新

日本神話の知恵の神。高御産巣日神(高皇産霊神)の子。古事記では思金神、日本書紀では思兼神、先代旧事本紀では八意思兼神ほか様々に書かれる。

目次

「思慮を兼ね備えた神」の意であり、「思慮」を神格化したものである。

天岩戸に隠れた天照大神を引き出す策を献じた神。国譲り神話の天孫降臨において祭祀を取り仕切り、天照大神の御霊代である鏡を持って天下りした。

思金神(思兼神)を祀る神社はいくつかある。

神奈川県横浜市栄区上郷町に社殿を構える思金神社では、思金神を御祭神としている。

用語の所属
日本神話
別天神
関連する神
天照大神
手力男命

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club