通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

別天神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:ことあまつかみ
品詞:名詞
2005/10/20 作成
2010/02/04 更新

天地開闢の後、まず高天原に現われたとされる五柱ののこと。別天津神とも書く。別天神五柱ともいう。

順に、次の五柱が別天神である。

  1. 天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
  2. 高御産巣日神(タカミムスビノカミ)
  3. 神産巣日神(カミムスビノカミ)
  4. 宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)
  5. 天之常立神(アメノトコタチノカミ)

別天神は天地開闢の説話以外には殆ど登場しない神である。

用語の所属
日本神話
神道
天津神
関連する用語
国津神

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club