通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

国津神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:くにつかみ
品詞:名詞
2005/10/20 作成
2011/01/18 更新

国の神のこと。「津」は現代語における接続詞「の」を意味する。

目次

日本神話において、初めから葦原中国に住んでいた神々、および天津神やその後裔の中で葦原中国に住むようになった神々のこと。

天津神との境界は明確ではないが、天津神である須佐之男命(スサノオノミコト)の子孫の大国主神は国津神である。

大国主神を主神とし、出雲国の神々が代表的である。

主な国津神は、次の通り。名は主として古事記から。

用語の所属
日本神話
葦原中国
神 (神道)
関連する用語
天津神
別天神
天神地祇

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club