通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

鵜葺草葺不合命

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ウガヤフキアエズノミコト
品詞:名
2006/05/31 更新

日本神話における神。山幸彦こと火遠理命(ホオリノミコト)と、海神・大綿津見神(オオワタツミノカミ)の娘である豊玉姫神(トヨタマヒメノカミ)の間の子。神武天皇の父親。

古事記では天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒタカヒコナギサタケウガヤフキアヘズノミコト)、日本書紀では彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ヒコナギサタケウガヤフキアヘズノミコト)と書かれている。

目次

この神の母、豊玉姫神の出産が近くなり、この神の父・火遠理命は豊玉姫神の希望通り波打ち際に鳥の鵜の羽で屋根を敷いた産屋を建て始めた。

しかし急に産気付いたため、産屋の屋根を敷き終わる前に、豊玉姫神は産屋に入り出産することとなった。こうして産まれたため、鵜の羽を葺き終わる前に産まれた→ウガヤフキアエズ、という変わった名前になった。

後に母の妹であり育ての親だった玉依姫神(タマヨリヒメノカミ)と結婚して若御毛沼尊(ワカミケヌノミコト)すなわち神武天皇を産んだ。

神話の時代と伝説の時代の境目となる神である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club