通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

都市鉱山

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:としこうざん
品詞:名詞
2009/10/23 作成

都市から産業廃棄物として廃棄されるゴミの中に含まれる資源(希少金属(レアメタル)など)を鉱山に見たてた表現。

目次

現在は、このような有用な資源を回収して再利用することを、リサイクルとしている。

独立行政法人物質・材料研究機構がかつてしたプレスリリースによれば、日本は世界でも有数の「レアメタル資源国」であるとする。但しそれは天然の埋蔵量ではなく、リサイクル対象となる金属量であり、つまり都市鉱山に眠っている。

2008(平成20)年の独立行政法人物質・材料研究機構のプレスリリースでは、次のような金属が都市鉱山として国内に存在するとしている。

  • : 約6,800t (世界の天然鉱山の現有埋蔵量42,000tの約16%)
  • : 60,000t (同22%)
  • インジウム (同61%)

とは言え、この全てを再回収することは難しい。これらのうちどの程度を資源として活用できるのかは定かではない。

関連する用語
金属

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club