通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

希少金属

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:きしょうきんぞく
外語:rare metal 英語
品詞:名詞
2011/03/20 作成

量が少なく、希少性の高い金属のこと。レアメタル。

なにをもって希少とするかの明確な基準はなく、もって希少金属(レアメタル)そのものにも明確な定義があるわけではない。

このうちの一部は、ハイテク機器を作る際によく使われる希土類(レアアース)である。

主な定義

化学者クリフォード・A・ハンペル(Clifford A. Hampel)によれば、次のいずれかに該当するとしている。

  1. 自然界における存在量、あるいは地球地殻中の賦存量が少ない
  2. 世界中に広く分布していたとしても、鉱床の純度が低いなどで、経済的に得られない場合
  3. 純粋な元素への転換が極めて困難な状態でしか得られない場合
  4. 元素の入手が可能であっても、他の素材と競合し、需要がない場合

このように、様々な理由により産業界において流通の少ない金属を、主として希少金属という。

一覧

科学技術庁資源調査会報告第100号「主要な希少元素の資源の有効利用に関する調査報告 : 先端科学技術の開発促進のために」は、元素の存在度1〜1,000ppmを希少元素、元素の存在度1ppm以下を超希少元素としている。

この条件に当てはまる金属元素は、次の通りである(原子番号順)。

用語の所属
金属
関連する用語
希土類
貴金属

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club