通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テルル

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:テルル
外語:Te: Tellurium 学名 , Tellurium 英語 , Tellur ドイツ語 , Tellure フランス語 , Teluro スペイン語 , Теллур ロシア語 , تيلوريوم アラビア語 , 支那語(大陸・台湾) , telur/o エスペラント
品詞:名詞
2003/07/12 作成
2016/02/19 更新

銀灰色の金属元素の一つ。

基本情報

一般情報

原子情報

  • 原子量: 127.60(3)
  • 電子配置:
    • 1s2、2s2、2p6、3s2、3p6、3d10、4s2、4p6、4d10、5s2、5p4
    • [Kr]4d10、5s2、5p4
  • 原子価: 2
  • 酸化数: −2、0、+2、+4、+6

物理特性

同位体

質量数は、105から143までが確認されており、その中に核異性体も存在する。安定同位体は八つある。

  • (120Te)
  • (122Te)
  • (123Te)
  • (124Te)
  • (125Te)
  • (126Te)
  • (128Te)
  • (130Te)

しかし、8種類全てが長寿命放射性同位体であると考えられており、長いものでは半減期7.7𥝱年とも言われる。これらには放射能があるが、半減期が非常に長いので、安定同位体とほぼ同一視できる。

同位体核種天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
105Te  α崩壊101Sn
106Te  α崩壊102Sn
107Te  α崩壊103Sn
β+崩壊107Sb
108Te  β+崩壊108Sb
α崩壊104Sn
109Te  β+崩壊109Sb
α崩壊105Sn
110Te  β+崩壊110Sb
111Te  β+崩壊111Sb
112Te  β+崩壊112Sb
113Te  β+崩壊113Sb
114Te  β+崩壊114Sb
115Te  β+崩壊115Sb
116Te  β+崩壊116Sb
117Te  β+崩壊117Sb
118Te6.00日EC崩壊118Sb
119Te    
119mTe    
120Te0.09%準安定核種(中性子数68)
121Te β+崩壊121Sb
121mTe   
122Te2.55%準安定核種(中性子数70)
123Te>600兆年EC崩壊123Sb
123mTe   
124Te4.74%準安定核種(中性子数72)
125Te7.07%準安定核種(中性子数73)
125mTe   
126Te18.84%準安定核種(中性子数74)
127Te β崩壊127I
127mTe   
128Te31.74%7.7×1024崩壊128Xe
128mTe    
129Te β崩壊129I
129mTe   
130Te34.08%2.7×1021崩壊130Xe
131Te25.0分β崩壊131I
131mTe   
132Te3.204日β崩壊132I
133Te β崩壊133I
133mTe   
134Te β崩壊134I
134mTe   
135Te β崩壊135I
135mTe   
136Te β崩壊136I
137Te β崩壊137I
138Te β崩壊138I
139Te β崩壊139I
140Te β崩壊140I
141Te β崩壊141I
142Te β崩壊142I
143Te β崩壊143I

安定核種に対し、質量数が大きすぎるまたは小さすぎる場合は複雑な崩壊となり、質量数が小さいと陽子放射、大きいと中性子放射が同時に起こることがある。

ビスマスとの合金はペルチェ素子として使われる。

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: 340℃(ICSC)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 眼、気道を刺激する。
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

1782(天明2)年にミュラー男爵によって鉱山より発見されたとされている。

テルル(Tellurium)は、ドイツの科学者クラップロートにより、ラテン語で地球を意味するtellusにちなんで付けられた。

同時期にクラップロートは元素ウランを命名しているが、ギリシャ神話で大地母神ガイアと天空神ウラノスが夫婦であったことにちなんでいる。

  • 酸化テルル(Ⅳ)、二酸化テルル (TeO2) (7446-07-3)
  • テルル化水素 (H2Te) (7783-09-7)
  • テルル酸 (H6TeO6) (7803-68-1)
  • 四塩化テルル(Ⅳ)、四塩化テルル (Cl4Te) (10026-07-0)
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
元素
半金属元素
カルコゲン
希少金属
TE
関連する用語
セレン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club