通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リバモリウム

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編下 (NELEMN7)
読み:リバモリウム
外語:Lv: Livermorium 学名 , Livermorium 英語 , Livermorium ドイツ語 , Livermorium フランス語 , Livermorio スペイン語 , Ливерморий ロシア語 , Livermorum/o エスペラント
品詞:名詞
2004/07/08 作成
2016/06/11 更新

超重元素の一つ。仮名ウンウンヘキシウム(Uuh)。

基本情報

一般情報

原子情報

  • 原子量: [289] [292]
  • 電子配置:
    • 1s2、2s2、2p6、3s2、3p6、3d10、4s2、4p6、4d10、4f14、5s2、5p6、5d10、5f14、6s2、6p6、6d10、7s2、7p4
    • [Rn]5f14、6d10、7s2、7p4
  • 電子殻: 2、8、18、32、32、18、6
  • 原子価: 不明
  • 酸化数: 不明

物理特性

  • : 固体
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • 密度: (該当資料なし)
  • 比重: (該当資料なし)
  • CAS番号: 54100-71-9
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 水への溶解性: 溶けない

同位体

安定同位体は存在しない。全ての同位体が放射性同位体である。

同位体天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
290Lv15ミリ秒α崩壊286Fl
291Lv6.3ミリ秒α崩壊287Fl
292Lv18ミリ秒α崩壊288Fl

不明。

安全性

適用法令

  • 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律
    • 放射性同位元素
  • 試験研究の用に供する原子炉等の設置、運転等に関する規則等の規定に基づき、線量限度等を定める告示

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

2000(平成12)年12月6日、米国立ローレンス・リバモア研究所とロシアのドブナ原子核共同研究所(JINR)の共同チームが、モスクワ郊外にある粒子加速装置で248Cmに48Caイオンを衝突させるという方法で作りだされた。

製法は248Cm+48Ca→292Lv+4nである。

ロシアのドブナ原子核共同研究所(JINR)は、研究所に近いモスクワ州(ロシア連邦の首都であるモスクワ市とは違う)にちなみmoscoviumを元素名として提案していたらしいが、米国立ローレンス・リバモア研究所もlivermorium(リバモリウム)を提案した。

2011(平成23)年12月にIUPACが元素の存在を認め、元素名の案としてlivermorium、元素記号案Lvを発表した。意見を求めた後、2012(平成24)年5月30日に正式決定した。

和名は、日本化学会命名法専門委員会により、リバモリウムと決められ、2012(平成24)年6月22日に発表された。

不明。

用語の所属
元素
放射性元素
半金属元素
超重元素
LV
関連する用語
フレロビウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club