通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テネシン

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編下 (NELEMN7)
読み:テネシン
外語:Ts: Tennessine 学名
品詞:名詞
2004/07/08 作成
2016/12/01 更新

17族に属する典型非金属元素超重元素。仮名ウンウンセプチウム(Uus)。

基本情報

一般情報

原子情報

  • 原子量: 不明
  • 電子配置:
    • 1s2、2s2、2p6、3s2、3p6、3d10、4s2、4p6、4d10、4f14、5s2、5p6、5d10、5f14、6s2、6p6、6d10、7s2、7p5
    • [Rn]5f14、6d10、7s2、7p5
  • 電子殻: 2、8、18、32、32、18、7
  • 原子価: 不明
  • 酸化数: 不明

物理特性

  • : 固体
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • 密度: (該当資料なし)
  • 比重: (該当資料なし)
  • CAS番号: 87658-56-8
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 水への溶解性: 溶けない

同位体

安定同位体は存在しない。全ての同位体が放射性同位体である。

同位体天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
291Ts10ミリ秒  
292Ts50ミリ秒  
293Ts22ミリ秒α崩壊289Mc
294Ts51ミリ秒α崩壊290Mc
297Ts   

不明。

安全性

適用法令

  • 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律
    • 放射性同位元素
  • 試験研究の用に供する原子炉等の設置、運転等に関する規則等の規定に基づき、線量限度等を定める告示

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

2009(平成21)年、ロシアのドブナ原子核共同研究所(JINR)が、モスクワ郊外にある粒子加速装置でバークリウムカルシウムを衝突させるという方法で作りだされ、翌 2010(平成22)年に発表された。

製法は次の通りであった。

249Bk + 48Ca → 297Ts*293Ts + 4n

249Bk + 48Ca → 297Ts*294Ts + 3n

7ヶ月間の実験で、293Tsが5原子、294Tsが1原子確認された。

2012(平成24)年、ドイツの重イオン科学研究所(GSI)でも、他の組み合わせにおいて発見したと発表した。

2015(平成27)年12月、IUPAC/IUPAPは元素の発見を承認、ロシアのドブナ原子核共同研究所と、共同研究チームであるアメリカのローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)、オークリッジ国立研究所(ORNL)に命名権を与えた。

化学名Tennessineは、米国テネシー州にあるオークリッジ国立研究所(ORNL)の貢献により、テネシー州(Tennessee)から命名された。なお、金属元素は現在、語尾に-iumを付けることになっているが、ハロゲンはこれまで慣例として-ineが付けられていた。そこで従来の慣例を崩さないよう、この元素にも-ine語尾のTennessineという名が付けられることとなった。

不明。

用語の所属
元素
放射性元素
ハロゲン
超重元素
関連する用語
フレロビウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club