通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

原子量

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:げんしりょう
外語:atomic weight 英語
品詞:名詞
2000/11/26 作成
2007/05/06 更新

12C原子1モルの質量数を12とする基準での、元素の平均的な質量のこと。

目次

天然同位体が存在する元素は、各同位体に一定の天然存在比がある。これに基づき算出された、相対質量の平均値を原子量という。

これが元素であれば元素の原子量、分子であれば分子の原子量、という。

例えば、塩素分子(Cl)の場合を例とする。

相対質量34.97の塩素原子が天然に75.77%存在し、また相対質量36.97の塩素原子は天然に24.23%存在する。

そこで、(34.97×75.77÷100)+(36.97×24.23÷100)=35.45、として求まった値が原子量となる。

関連する用語
分子 (物質)
分子量
同位体
相対質量

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club