通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:すず
外語:Sn: Stannum 学名 , Tin 英語 , Zinn ドイツ語 , Étain フランス語 , Estaño スペイン語 , Олово ロシア語 , قصدير アラビア語 , 大陸簡体 , 台灣正體 , stan/o エスペラント
品詞:名詞
2007/07/22 作成
2013/06/16 更新

銀白色の金属元素の一つ。

「錫」の字が常用漢字から漏れたため、現在は「スズ」とも書く。化合物の日本語名は日本化学会の化合物命名法委員会によるものが正式だが、そこでは前述の理由により「スズ」となっている。

基本情報

一般情報

原子情報

  • 原子量: 118.710(7)
  • 電子配置:
    • 1s2、2s2、2p6、3s2、3p6、3d10、4s2、4p6、4d10、5s2、5p2
    • [Kr]4d10、5s2、5p2
  • 原子価: 2、4
  • 酸化数: 0、+2、+4、+6

物理特性

同位体

質量数は、99から138までが確認されており、その中に核異性体も存在する。安定同位体は十種類あり、これは全元素中で最大である。

  • (112Sn)
  • 114Sn
  • 115Sn
  • 116Sn
  • 117Sn
  • 118Sn
  • 119Sn
  • 120Sn
  • (122Sn)
  • (124Sn)

なお、このうち112Sn、122Sn、124Snの3種類は長寿命放射性同位体が疑われており、うち124Snは一説では半減期10京年とも言われる。

同位体核種天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
99Sn    
100Sn  β+崩壊100In
101Sn  β+崩壊101In
102Sn  β+崩壊102In
103Sn  β+崩壊103In
104Sn  β+崩壊104In
105Sn  β+崩壊105In
106Sn  β+崩壊106In
107Sn  β+崩壊107In
108Sn  β+崩壊108In
109Sn  β+崩壊109In
110Sn  EC崩壊110In
111Sn  β+崩壊111In
112Sn0.97%準安定核種(中性子数62)
113Sn115.09日EC崩壊113In
113mSn   
114Sn0.66%安定核種(中性子数64)
115Sn0.34%安定核種(中性子数65)
116Sn14.54%安定核種(中性子数66)
117Sn7.68%安定核種(中性子数67)
117mSn    
118Sn24.22%安定核種(中性子数68)
119Sn8.59%安定核種(中性子数69)
119mSn    
120Sn32.58%安定核種(中性子数70)
121Sn1.13日β崩壊121Sb
121mSn   
122Sn4.63%準安定核種(中性子数72)
123Sn129.2日β崩壊123Sb
123mSn   
124Sn5.79%>1.0×1017(2β崩壊)124Te
125Sn9.64日β崩壊125Sb
125mSn   
126Sn10万年β崩壊126Sb
127Sn  β崩壊127Sb
128Sn  β崩壊128Sb
129Sn  β崩壊129Sb
130Sn  β崩壊130Sb
131Sn  β崩壊131Sb
132Sn  β崩壊132Sb
133Sn  β崩壊133Sb
134Sn  β崩壊134Sb
135Sn  β崩壊135Sb
136Sn  β崩壊136Sb
137Sn  β崩壊137Sb
138Sn  β崩壊138Sb

安定核種に対し、質量数が大きすぎるまたは小さすぎる場合は複雑な崩壊となり、質量数が小さいと陽子放射、大きいと中性子放射が同時に起こることがある。

古くから、と錫の合金はんだとして使われていた。

鉛には毒性があるので、近年は鉛を含まない無鉛はんだが作られており、その多くは主成分が錫である。

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

大昔よりその存在が知られており、発見者は明らかでない。

化学名Stannumは、印欧語で「垂れる」を意味する「stag」から。

  • 塩化錫(Ⅱ) (SnCl2) (7772-99-8)
  • 塩化錫(Ⅳ) (SnCl4) (7646-78-8)
  • 酸化錫(Ⅱ) (SnO) (21651-19-4)
  • 酸化錫(Ⅳ) (SnO2) (18282-10-5)
  • 硫化錫(Ⅱ) (SnS) (1314-95-0)
  • 硫化錫(Ⅳ) (SnS2) (1315-01-1)
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
MSDS: すず
用語の所属
元素
半金属元素
SN

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club