通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超重元素

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:ちょうじゅうげんそ
外語:transactinide element 英語
品詞:名詞
2000/09/18 作成
2016/06/11 更新

アクチノイドである原子番号103番「ローレンシウム」よりも原子番号が大きな元素の総称。

現在、発見のため世界各国で研究が続けられている。

これらは全て人工の不安定な元素であり、半減期は非常に短い。

かつては、アクチノイドよりも原子番号が大きいという意味で「超アクチノイド元素」と呼ばれた。現在でも広義の超アクチノイド元素と呼ばれるが、研究が進み発見済みの元素が増えると、周期表において、アクチノイド(第7周期)の下に位置する、第8周期におけるアクチノイド的な元素群を呼び分ける名前が必要となってきた。

結論として、それらを(狭義の)「超アクチノイド」または「スーパーアクチニド」と呼ぶことにし、広義については「超重元素」と呼び分けるようになった。

学術論文含め必ずしも呼び分けが徹底されているわけではないが、今後発見される元素が増えれば、自ずと呼び分けも進んでいくことになると見込まれる。なお、英名では呼び分けられており、狭義はSuperactinide、広義=超重元素はtransactinide elementである。

性質

原子番号104番から118番までは第7周期であり、2016(平成28)年までに発見され、名前が付けられた。

原子番号119番以降はいよいよ第8周期となる。第8周期において、ランタノイド/アクチノイドに相当する位置は原子番号121番から153番までの33元素で、これを「超アクチノイド」または「スーパーアクチニド」という。

研究目的

日本含め、全世界で、これらの元素を発見するべく研究が進められている。

全ての超重元素はすぐに崩壊してしまうため、こういった元素に使い道があるわけではない。研究の目的は使い道や実用性ではなく、このような原子核からは「原子を結合した状態に保つ力」についての知見を得ることができることにあり、延いては宇宙が結合した状態を保っている仕組みを探求することができることにある。

たとえ役には立たないかもしれないことであっても、新しいことを探求しようとする姿勢は学問において重要なことであり、研究者のみならず、知性のある人間の模範的な性質であるといえる。人類の探求に終わりはない。

仮名

104番以降の元素は正式名称が決まるまで、規則的な仮名を付けることになっている。

  • nil-(0)、un-(1)、bi-(2)、tri-(3)、quad-(4)、pent-(5)、hex-(6)、sept-(7)、oct-(8)、enn-(9) + 語尾

但し、連結時にiやnが連続する場合は一つ削る(tri+iumや、enn+nilなど)。

語尾は、次の規則を用いる。

  • 金属元素 -ium
  • ハロゲン元素 -ine
  • 希ガス元素 -on

例えば、次のようになる。

  • 765番元素 ‐ sept+hex+pent+ium→Septhexpentium (Shp)

次のような場合はtが連続することになるが、削るべきなのかどうかは定かでない。

  • 573番元素 ‐ pent+sept+tri+ium→Pentsepttrium (Pst) (?)

存在の可否

超重元素の研究は進んでいるが、第8周期、第9周期までで考えても、その全ての元素が存在できるかどうかは不明である。

例えば、リチャード・P・ファインマンによれば137番元素が限度で、138番以上ではボーアの原子模型で1s電子の速度が光速を超え、ディラック方程式での基底状態のエネルギーが虚数になってしまう、とする。

他に、174番元素以上では1s軌道の電子の束縛エネルギーが電子‐陽電子の対生成に必要なエネルギーを超えてしまい、電子殻が成立しなくなるとする説が存在する。

このように、様々な理由により、原子番号には上限が存在する。

一覧

主な超重元素に、次のようなものがある。※が付いた和名は、まだ日本化学会命名法専門委員会によって定められていない暫定的なものである。

原子番号質量数記号元素記号元素名
第7周期
104[261]UnqRfラザホージウムウンニルクアジウム
105[262]UnpDbドブニウムウンニルペンチウム
106[266]UnhSgシーボーギウムウンニルヘキシウム
107[264]UnsBhボーリウムウンニルセプチウム
108[269]UnoHsハッシウムウンニルオクチウム
109[268]UneMtマイトネリウムウンニルエンニウム
110[271]UunDsダームスタチウムウンウンニリウム
111[272]UuuRgレントゲニウムウンウンウニウム
112[285]UubCnコペルニシウムウンウンビウム
113[284]UutNhニホニウムウンウントリウム
114[289]UuqFlフレロビウムウンウンクアジウム
115[288]UupMcモスコビウムウンウンペンチウム
116[289]UuhLvリバモリウムウンウンヘキシウム
117[294]UusTsテネシンウンウンセプチウム
118[294]UuoOgオガネソンウンウンオクチウム
第8周期
  (Sブロック元素)
119未発見Uue  ウンウンエンニウム
120未発見Ubn  ウンビニリウム
  (Gブロック元素)
121未発見Ubu  ウンビウニウム
122未発見Ubb  ウンビビウム
123未発見Ubt  ウンビトリウム
124未発見Ubq  ウンビクアジウム
125未発見Ubp  ウンビペンチウム
126未発見Ubh  ウンビヘキシウム
127未発見Ubs  ウンビセプチウム
128未発見Ubo  ウンビオクチウム
129未発見Ube  ウンビエンニウム
130未発見Utn  ウントリニリウム
131未発見Utu  ウントリウニウム
132未発見Utb  ウントリビウム
133未発見Utt  ウントリトリウム
134未発見Utq  ウントリクアジウム
135未発見Utp  ウントリペンチウム
136未発見Uth  ウントリヘキシウム
137未発見Uts  ウントリセプチウム
138未発見Uto  ウントリオクチウム
  (Fブロック元素)
139未発見Ute  ウントリエンニウム
140未発見Uqn  ウンクアドニリウム
141未発見Uqu  ウンクアドウニウム
142未発見Uqb  ウンクアドビウム
143未発見Uqt  ウンクアドトリウム
144未発見Uqq  ウンクアドクアジウム
145未発見Uqp  ウンクアドペンチウム
146未発見Uqh  ウンクアドヘキシウム
147未発見Uqs  ウンクアドセプチウム
148未発見Uqo  ウンクアドオクチウム
149未発見Uqe  ウンクアドエンニウム
150未発見Upn  ウンペントニリウム
151未発見Upu  ウンペントウニウム
152未発見Upb  ウンペントビウム
  (Dブロック元素)
153未発見Upt  ウンペントトリウム
154未発見Upq  ウンペントクアジウム
155未発見Upp  ウンペントペンチウム
156未発見Uph  ウンペントヘキシウム
157未発見Ups  ウンペントセプチウム
158未発見Upo  ウンペントオクチウム
159未発見Upe  ウンペントエンニウム
160未発見Uhn  ウンヘキスニリウム
161未発見Uhu  ウンヘキスウニウム
162未発見Uhb  ウンヘキスビウム
  (Pブロック元素)
163未発見Uht  ウンヘキストリウム
164未発見Uhq  ウンヘキスクアジウム
165未発見Uhp  ウンヘキスペンチウム
166未発見Uhh  ウンヘキスヘキシウム
167未発見Uhs  ウンヘキスセプチウム
168未発見Uho  ウンヘキスオクチウム
第9周期
  (Sブロック元素)
169未発見Uhe  ウンヘキスエンニウム
170未発見Usn  ウンセプトニリウム
  (Gブロック元素)
171未発見Usu  ウンセプトウニウム
172未発見Usb  ウンセプトビウム
173未発見Ust  ウンセプトトリウム
用語の所属
元素
関連する用語
アクチノイド
超ウラン元素
超アクチノイド

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club