通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

金牛宮

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:きんぎゅうきゅう
外語:Taurus 英語
品詞:名詞
2009/09/12 作成

黄道十二宮の第2座。

目次

獣帯において、黄経30〜60°までの領域である。

概ね、4月21日から5月21日まで太陽が留まることから、この間に産まれた者の星座は金牛宮となる。

占星術でこれを「おうし座」とも呼ぶが、実際の星座の「おうし座」とは無関係である。

  • 標準期間 ‐ 4月21日5月21日
  • 占星術記号 ‐ ♉
  • 象徴 ‐ 牛(牡牛)
  • 距星 ‐ おうし座
  • 二分類 ‐ 女性
  • 三区分 ‐ 不動
  • 四元素 ‐ 地
用語の所属
黄道十二宮
関連する用語
獣帯

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club