通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

音程

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:おんてい
品詞:名詞
2009/05/14 作成

音と音の離れ具合を「度数」で表わすもの。

例えばドとミを例とすると、ド・レ・ミで三つ離れた音となる。

この時、これは三度の関係にある、またはドに対してミが三度高い音である、と言う。

音程には、完全音程、長音程、短音程、減音程、増音程がある。

例えば、ド(C)を主音とした場合の例を以下に示す。

完全音程と長音程

完全音程と長音程は、合わせて八種類がある。

  • 完全一度(Unison)

    ド(C)とド(C)は、同じ高さの音なので、同度とも言う。

  • 長二度(M2nd)

    ド(C)とレ(D)は、ド・レと2音隔たる。

    全音一つ離れた音程である。

  • 長三度(M3rd)

    ド(C)とミ(E)は、ド・レ・ミと3音隔たる。

    全音二つ離れた音程である。

  • 完全四度(P4th)

    ド(C)とファ(F)は、ド・レ・ミ・ファと4音隔たる。

    全音二つ、半音一つ離れた音程である。

  • 完全五度(P5th)

    ド(C)とソ(G)は、ド・レ・ミ・ファ・ソと5音隔たる。

    全音三つ、半音一つ離れた音程である。

  • 長六度(M6th)

    ド(C)とラ(A)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラと6音隔たる。

    全音四つ、半音一つ離れた音程である。

  • 長七度(M7th)

    ド(C)とラ(A)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シと7音隔たる。

    全音五つ、半音一つ離れた音程である。

  • 完全八度(Octave)

    ド(C)とド(C)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと8音隔たる。

    全音五つ、半音二つ離れた音程である。

    これを「オクターブ」という。

短音程

長音程を半音狭めたものが短音程である。

短音程は、次の四種類がある。

  • 短二度(m2nd)

    ド(C)とレ♭(D♭)は、ド・レ♭と2音隔たる。

    半音一つ離れた音程である。

  • 短三度(m3rd)

    ド(C)とミ♭(E♭)は、ド・レ・ミ♭と3音隔たる。

    全音一つ、半音一つ離れた音程である。

  • 短六度(m6th)

    ド(C)とラ♭(A♭)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ♭と6音隔たる。

    全音三つ、半音二つ離れた音程である。

  • 短七度(m7th)

    ド(C)とシ♭(B♭)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭と7音隔たる。

    全音四つ、半音二つ離れた音程である。

減音程

短音程と完全音程を半音狭めたものが減音程である。

ダブルフラットが付いたものがあるが、これらは長音程や完全音程と同じ結果になるので、殆ど使われない。実際に使うのは「減五度」と「減七度」である。

  • 減二度(dim2nd)

    ド(C)とレ♭♭(D♭♭)は、ド・レ♭♭と2音隔たる。

    しかし完全一度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 減三度(dim3rd)

    ド(C)とミ♭♭(E♭♭)は、ド・レ・ミ♭♭と3音隔たる。

    全音一つ離れた音程で、結果として長二度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 減四度(dim4th)

    ド(C)とファ♭(F♭)は、ド・レ・ミ・ファ♭と4音隔たる。

    全音二つ離れた音程で、結果として長三度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 減五度(dim5th)

    ド(C)とソ♭(G♭)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ♭と5音隔たる。

    全音二つ、半音二つ離れた音程で、増四度と同じ音程である。

  • 減六度(dim6th)

    ド(C)とラ♭♭(A♭♭)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ♭と6音隔たる。

    全音三つ、半音一つ離れた音程で、結果として完全五度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 減七度(dim7th)

    ド(C)とシ♭♭(B♭♭)は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭♭と7音隔たる。

    全音四つ、半音一つ離れた音程で、結果として長六度と同じ音程である。

増音程

長音程と完全音程を半音広げたものが増音程である。

シャープが付くものは、短音程や完全音程と同じ結果になるので、殆ど使われない。実際に使うのは「増四度」と「増五度」である。

  • 増一度(aug1st)

    ド(C)とド♯(C♯)は、ド・ド♯と同度である。

    だが、半音離れた音程で、結果として短二度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 増二度(aug2nd)

    ド(C)とレ♯(D♯)は、ド・レ♯と2音隔たる。

    だが、全音一つ、半音一つ離れた音程で、結果として短三度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 増三度(aug3rd)

    ド(C)とミ♯(E♯)は、ド・レ・ミ♯と3音隔たる。

    だが、全音二つ、半音一つ離れた音程で、結果として完全四度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 増四度(aug4th)

    ド(C)とファ♯(F♯)は、ド・レ・ミ・ファ♯と4音隔たる。

    全音三つ離れた音程で、減五度と同じ音程である。

  • 増五度(aug5th)

    ド(C)とソ♯(G♯)は、ド・レ・ミ・ファ♯・ソ♯と5音隔たる。

    全音四つ離れた音程で、短六度と同じ音程である。

  • 増六度(aug6th)

    ド(C)とラ♯(A♯)は、ド・レ・ミ・ファ♯・ソ♯・ラ♯と6音隔たる。

    全音五つ離れた音程で、結果として短七度と同じ音程である。殆ど使われない。

  • 増七度(aug7th)

    ド(C)とシ♯(B♯)は、ド・レ・ミ・ファ♯・ソ♯・ラ♯・シ♯と7音隔たる。

    全音六つ離れた音程で、結果として完全八度と同じ音程である。殆ど使われない。

関連する用語
音階
音律
和音
オクターブ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club